FotoJet (6)

産後に少量の水を足すと体に良い

産後の水分の吸収については、「月中は水に触れないでください。お腹が大きくなる」ということわざがあります。妊娠が悪化すると、妊婦はむくみを起こしやすくなります。生成後、余分な水分の約40%が体内に残り、代謝を待ちます。坐月禁忌監禁期間中は、しっかりと水を抜く必要は確かにありますが、決して「飲水禁止」の方法ではありません。

漢方の古書には、出産後に水が飲めないとは書かれていません。逆に出産後、体が乾燥して暑くなる妊婦さんもいますが、故意に水を飲まないと、乾燥や発熱を悪化させ、脱水、口渇、便秘などの症状を引き起こします。母乳で育てられた赤ちゃんに十分な水分が与えられないと、母乳が不足する可能性があり、新生児の健康に影響を及ぼし、黄ja指数が上昇します。

こまめな水分補給が必要です。満腹時に水を飲むとお腹がゆるくなるのではないかと心配な場合は、のどが渇いたときに少量の水を数回飲むことをお勧めします。ご家族の中に熱湯を飲まないことを主張するご年配の方がいらっしゃる場合や、母親自身が伝統的なタブーに挑戦したくない場合は、適切な材料を使用して、あなたの体格に合わせてお茶を沸かすこともできます。

監禁用の純米酒や純米酒は必要ですか?

実際、古代中国の医学書には、Zuo Yuezi が黄酒を使用しなければならないという記録はありません。純米酒を使用する場合は、母体の傷の回復や体調に合わせて調整する必要があります。傷が完全に治るまでは、料理に酒を加えることはできません。体が熱く、アルコールにアレルギーのある方は適していません。座って飲む、一度に飲みすぎないで

母親は、一度にたくさん飲みすぎないように、座って水を飲むのが最善です。沸騰した水が飲みたくない場合は、ご飯、ライチ、ケバブ、シナモン、黒豆などの沸騰した水と一緒に飲むか、珍しい料理やさまざまな料理から十分な水を摂取できます。

関連記事:

閉じ込めレシピの原則は何ですか

栄養監禁の食べ方

出産時に避けるべき食べ物