FotoJet (32)

01急性影響

ストレスは人体にすぐに影響を与える可能性があります。

体へのストレスの急性効果:

倦怠感、不安神経症、めまい、頭痛、工作壓力睡眠障害、不注意、高血圧、不整脈。

02心血管疾患

長期的なストレスは交感神経とアドレナリンを継続的に刺激し、血圧の上昇、小動脈の収縮、脂肪の蓄積を引き起こし、血栓症と動脈硬化症を引き起こし、最終的に高血圧と心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

03ストローク

感情的なストレスは血圧の上昇と下降を引き起こす可能性があり、血圧の上昇と下降は内頸動脈に簡単に当たる可能性があります。血管内の硬化したプラークを破裂または破壊し、血管内に急性の血栓を形成し、脳卒中を引き起こす可能性があります。

04精神障害

ストレスは直接精神疾患につながるわけではありませんが、演講软技巧時間内に調整または解放できない場合、過度の精神的ストレスにつながる可能性があり、うつ病、恐怖症、不安神経症、強迫性障害につながる可能性があります。

05免疫機能障害

ストレスの多い出来事と戦うようにしてください。しかし、継続的なストレスはコルチゾールの過剰な分泌を引き起こし、免疫系を長期間抑制し、免疫機能障害を引き起こす可能性があります。

06糖尿病

長期的な慢性ストレスはコルチゾールの分泌を刺激し、過剰なコルチゾールは血糖値を上昇させ続け、糖尿病のリスクを高めます。

さらに、ストレスが過剰なアドレナリン分泌を引き起こすと、血糖値も上昇する可能性があります。

すでに糖尿病患者の方は、銷售保險技巧精神的ストレスの管理にもっと注意を払う必要があります。ストレスがコルチゾールの増加につながると、間接的にインスリンの作用を阻害し、血糖値の制御を困難にし、体。

関連記事:

ストレスに対処する4つのモード

親の教育パターンはストレスへの反応に影響を与えます

最近4つ以上の症状がある場合、またはそれが長期間続く場合は、解凍する必要があることを意味します